支援籍学習

支援籍学習

支援籍学習の様子が紹介されました

【支援籍学習の様子が掲載されました】

☆小学部10G 内海隆之介さん 白岡市立西小学校6年☆

体育館でクラスの友だちのボッチャをした様子が紹介されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<西小学校のホームページはこちら>6月16日の記事です。

支援籍学習の様子が紹介されました

【支援籍学習の様子が掲載されました】

☆小学部 佐藤佑樹さん 久喜市立東鷲宮小学校4年☆

 自己紹介や図工の学習に取り組んだ様子が掲載されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<東鷲宮小学校のホームページはこちら>6月22日の記事です

支援籍校の友だちと一緒に育てています

本校と支援籍校との友だちと一緒に、野菜やお米を育てる学習をしています。

「大きくのびたかな?」「葉っぱの数はふえたかな?」「くきや葉の色はどう?」・・・

それぞれの学校で水やりや観察を続け、支援籍学習で登校したときや、成長記録通信を

通じて紹介しあいます。  

 

 

 

 

支援籍学習の様子が紹介されました。

【支援籍学習の様子が掲載されました】  

  ☆小3G堀川夏芽さん 宮代町立東小学校2年☆ 

   教室で一緒に生活科の学習(「わたしたちの街や暮らし」)する様子が

          掲載されました。     〈東小学校のホームページはこちら〉5月30日③の記事です 

   

支援籍学習の様子が紹介されました

☆小3G井川光希くん 久喜市立鷲宮小学校3年☆ 

   このように紹介いただきました(一部) 

                   鷲宮小ホームページはこちら (5月11日の記事)

    

             

      *運動会当日も参加しています(5月15日の記事)

   

 

令和4年度支援籍学習がスタートしました

【新入生保護者オリエンテーション】 

4月12日(火)、小中学部新転入生の保護者を対象とした支援籍学習の説明会を開催し、ここ数年の実施者数推移、コロナ禍における本校の工夫した実践等の紹介をしました。

「より早期から共に学び育つ経験をすること」、「少しずつのかかわり合いを複数年積み重ねること」、「これまで培われてきた居住地域の友だちとの関係性を継続させること」などを通じて、地域で生活する基盤づくりや共に生きていく社会につなげていけたらと考えています。

地域の小中学校で支援籍学習を実施している本校の子どもたちの様子については、一人ひとりの支援籍通信を正面玄関前の廊下に掲示しています。また、本年度はホームページにも随時掲載予定です。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年度末の振り返りを行っています

今年度の支援籍学習を終了した児童生徒の保護者と、1年間の振り返りを順次行っています。今年度の成果や課題、次年度の進め方のイメージを話し合います。そして、話し合われた内容を踏まえて、後日、支援籍校の先生方との反省会に本校の教員が出席します。保護者の方からは、「近所を散歩しているときに支援籍校の友だちから声をかけられるようになった」「子ども同士の積極的な関わり合いのために、もう少し回数を増やしたい」など様々な意見をいただいています。

 

↑ 保護者との校内反省会の様子

支援籍学習の充実に向けて(自己紹介カード)

 友だちとの交流をより充実させるために、支援籍校に自己紹介カードの掲示をお願いしています。支援籍学習の実施前から掲示している学校も多く、「○○さんの自己紹介カード見たよ、好きな食べ物が同じだね」と、友だちから声をかけられるなど、あたたかく迎えられています。

 最近では本校が準備した自己紹介カードではなく、支援籍校独自の自己紹介カードで作成するケースもあります。他の友だちと同じカードが教室に掲示され、よりクラスの友だちの一員としての意識を皆で高めることにつながっています。

         本校の様式の自己紹介カード(例)