日工大連携など

令和5年12月12日(火)に日本工業大学の学生や教授たちが制作に携わった「リアル野球盤」を本校で体験させてもらいました。元々、ユニバサール野球は堀江車輌電装株式会社が作成した誰でもできる野球です。

日本工業大学はアシスティブテクノロジー(スイッチ等)でバットの操作ができるように制作してくれました。

生徒たちは初めてみる野球盤セットに興奮を隠しきれない様子でした。

どの生徒たちも笑顔で野球を楽しむことができました。

また、今回の活動を通して「こんな活動をしてみたい」、「やってみたい」という意見も子どもたちから多くでてきており、その実現のため

日本工業大学の学生の皆さんが本校のため、常日頃より研究を進めてくれています。

本当にありがとうございます。これからも一緒に学んでいきたいと考えています。