高等部
 高等部では生徒一人一人の可能性を伸ばし、卒業後社会の中で生き生きと暮らすことのできる力をつけていきたいと考えています。
 
 そのために、様々な角度から客観的に自分を見つめ自分自身を正しく理解したうえで、どのように生きていくかを模索できるよう、個に応じた課題を設定し学習していきます。
 
 また、自分の意思を伝えながら、相手のことを認め折り合いをつけて人と接することが、円滑な人間関係を築き、社会で必要な力となります。
 
 授業や行事などで同じ目的に向かって友だちと活動する中で、ルールや秩序を学び自分の役割を認識しながら、自ら行動をしたり人とかかわったりしていくことを大切にしています。
 
 高等部になると校外での活動も多くなり、様々な経験を積むことで主体的に生きる意欲を育みたいと考えています。
 
身につけた力がいかなる場でも発揮できるようになること、自己表現や自己選択・決定できることが主体的に生きることにつながると考えます。
高等部 教育目標

学部での目標を以下の4点としています。

① 自己理解を深め、健康で安全に生活できる力をつける。

② 社会性を身に付け、自ら思いを伝え、人とかかわろうとする力をつける。

③ 社会の中で主体的に生きていく力をつける。

④ 身につけた知識や技能を活用したり、応用したりする力を高める。

高等部 類型Ⅰ・Ⅱの教育課程
 高等学校の各学年の国語、数学、理科、社会、情報、家庭などの各教科、道徳、領域として総合的な学習、特別活動(学級活動や学年活動、生徒会活動、各委員会活動など)に準じた教育課程に加え、自立活動、産業社会と人間を学んでいます。

 学校設定科目として「産業社会と人間」を設けています。この科目では、『進路を選択する力』や『社会生活のための意欲や態度』、『将来の職業生活を営む上で必要なコミュニケーションの力』を身につけるために、企業・大学・福祉施設などの進路先の調べ学習など多岐にわたって学習しています。
 
【高等部 類型Ⅰ・Ⅱ 時間割の例】
高等部 類型Ⅲの教育課程
 知的障害特別支援学校高等部の教育課程に準じ、本校では各教科(国語・数学・音楽・保健体育)・教科を合わせた学習(日常生活の指導・作業学習・生活単元学習)、総合的な探求の時間、特別活動(学級活動や学年活動、生徒会活動など)、自立活動を学習しています。

 高等部では、卒業後の生活を見据えて、週に1回1日を通して作業学習に取り組む日を設定しています。作業学習では、「身だしなみ」「言葉遣い」「作業に集中して取り組む」を大切にし、それらを意識しながら活動に取り組んでいます
 
 また、学校生活全般において、自分の気持ちに折り合いをつけて活動したり、分かりやすく気持ちを伝えたりできるよう、一人一人の実態に応じた課題を設定し、学習しています。
 
【高等部 類型Ⅲ 時間割の例】
高等部 類型Ⅳの教育課程
 
自立活動を主に、知的特別支援学校の教科等を合わせた指導も実施しています。

自立活動では、身体の動きにかかわる学習を行う「動作学習」や、「給食」、「課題学習」といった授業のみではなく、学校生活全体を学習場面としてとらえて学習をしています。
 
 教科等を合わせた指導では、知的特別支援学校の学習指導要領をもとに、本校で設定された高等部段階でのねらいをもとに、「美術」や「国語・数学」、「体育」、「音楽」といった授業を行っています。

 高等部では、上記授業以外に、産業現場等における実習や進路学習を行っています。卒業後の生活や進路を見据えた学習や取り組みが行われていることも特徴です。さらに、小・中学部で積み重ねてきた学習成果を活かして、人とのかかわりの中で自分を表現できるようにすることで、慣れない環境の中でも力を発揮し、卒業後の生活を豊かにしていけるように考えています。
 
 【高等部 類型Ⅳ 時間割の例】
高等部 学校行事
・お別れ会
・運動集会
・産業現場等における実習
・校内宿泊学習
・校外宿泊学習
・修学旅行
・進路学習
・社会体験学習
・交流および共同学習(宮代高校) ・・・など
 
 
任意参加の行事
・ふれあいピック春季大会
・特別支援学校陸上競技大会
・特別支援学校ローリングバレーボール大会
・特別支援学校サッカー大会
・特体連バスケットボール大会 ・・・など