宮代特別支援学校

カテゴリ:学校の取り組み・研修

福祉避難所開設訓練を行いました。

8月3日(水)に宮代町主催の、福祉避難所開設訓練を行われました。

本校職員は避難者役となり体育館に避難しました。

実際に段ボールベッドを組み立てて寝る体験をしました。

↑↑簡単に組み立て・分解ができました!

実際に災害が起きた際、福祉避難所が開設するまでの様子や避難者を受け入れるまでの流れを確認することができました。

今後全校職員に訓練の報告を行い、共通理解を図っていきたいと思います。

職員防犯研修を行いました

不審者が侵入した場合の緊急放送の内容や、教室内の防犯道具の確認をしました。

警察の方が不審者役になり、さすまたや警じょうの使い方を実践演習している模様です↓↓

(さすまた等を効果的に使えるようになり、見事不審者を制圧できました)

また、子どもたちがいる教室に不審者が侵入しようとする想定の初動対応についても実演し、ご指導をいただきました。

職員一同今回の研修で危機管理意識を高めることができました。

子どもたちが学校で安心して過ごすことができる環境を作らなければならないという気持ちを強く持つことができました。

杉戸警察署の皆様、どうもありがとうございました。

全職員で取り組んでいます!

今年度第1回外部支援情報交換会を実施しました

6月13日(月)放課後、毎年3回実施している外部支援情報交換会の初回を実施しました。この会は、特別支援学校の役割である特別支援教育のセンター的機能を全職員で発揮するための資質向上を目的の一つとしています。

今回は、日頃、肢体に不自由さのある児童生徒の力や思いを引き出したり、伸長したりするために活用している教材教具や環境の工夫をプレゼンし合う会でした。

 

 

 

 

 

本校の児童生徒も、地域で学ぶ肢体不自由のある子どもたちも、さらに生き生きとした学校生活をおくれるよう、この会で作成した「教材教具紹介シート」を広く閲覧できるように整備し、みなさんに活用いただく計画です。        

 教材教具紹介シート

【教員向け研修】発電機の扱い方法の研修を行いました。

災害等の非常時にも避難所等への電力供給を可能とする発電機が本校には3台あります。

燃料はガスボンベによるものと、ガソリンによるものがあります。

今回はそれぞれの発電機を動かし、扱い方の研修を行いました。

日頃から防災意識を高め、安心安全のために努めていきます。

 

引き取り訓練研修を行いました

今年度は、職員のみで引き取り訓練研修を行いました。

避難誘導班は、児童生徒を連れてという想定で、二次避難場所へ移動し、スムーズに保護者への引き渡しができるかどうか確認しました。今回は、保護者不在での実施だったため、職員から保護者役を立てて行いました。

救護班は、怪我人が出た場合に備え、救護用テントを組み立てる練習をしました。

消火班による、消火訓練の様子です。的に消火器のホースを向け、レバーを強く握ると消火剤(今回は水)が勢いよく出てきます。