学校ニュース

小学部1G

 コロナウイルスの影響で休校が続いていますが、みんなは元気にしていますか?手洗い・うがいをしっかりとし、家の中でもできるだけ身体を動かしたりして病気にならないように気をつけよう!

 先生たちも早くみんなに会いたいです!そのためには、今!家の中で過ごし、体調を崩さないようにしましょう!みんなでステイホーム!

 さて今回は、授業の様子がお届けできないので、本当はみんなと一緒にやりたかった畑の準備を先生たちでしている様子をお届けします!ちょっとしたクイズもあるので楽しんで見てね♪

             たくさん野菜や果物の苗を植えました!

          

 

                たとえば・・・

     

 

              何の苗かわかったかな?

        では問題です! この手前の苗は何の野菜の苗でしょうか?

     

 

           ヒントは、むらさき色のあの野菜だよ♪

            

実がついて答えがわかるようになる頃には、みんなが今まで通りに学校に来ることができるようになっていることを願っています!そのためにみんなで一緒にがんばろう!

 

臨時休業延長のお知らせ

  本日(4/28)、県知事からの要請に基づき、県教育委員会から通知がありました。その内容を踏まえ、下記のとおり、臨時休業を延長することとします。

 

1 臨時休業の延長の期間は、5月7日(木)~5月31日(日)

  ※4/30、5/1は分散登校日を継続します。

2 5月7日(木)以降は、「登校日」は実施しないこととします。

  詳細は、添付ファイルを御参照下さい。

  臨時休業延長について .pdf

 

 ※「感染予防」及び「心のケア」等について

  感染予防のために(小学部のみなさん).pdf

  感染予防のために(中学部高等部のみなさん).pdf

令和2年度 前期始業式

4月8日に令和2年度始業式が行われました。 

感染症拡大防止のため、教室で校内放送を聞きました。

校長先生のお話と表彰、そして校歌を各教室で聞きました。

校長先生からは、感染症予防で外に出れない時ですが、「限られた範囲の中で工夫することが大切」や「心が行動を決め、行動が心を変える」という話があり、そのことを試す時といったお話がありました。

 「夢ネット子供ギャラリー」と「第79回全国教育美術展」に出展し受賞したみなさんの表彰もありました。

放送で発表し、その後各教室において、小池校長先生から直接、賞状が手渡されました。

 

令和2年度 入学式の時間変更について

入学式の時間変更について

 

 新入生の皆様、また保護者の皆様、御入学まことにおめでとうございます。

 入学式については、本校においても埼玉県教育委員会の指針を踏まえ感染症対策として来賓を招かず参列者を限定し、着席間隔をとり時間短縮のため、小学部・中学部と高等部の二部制にて開催することといたしました。

 保護者の皆様の御理解と御協力をお願いいたします。

 

1 小学部・中学部入学式  令和2年4月8日(水)午後13時30分 開式

                         午後13時50分 閉式

                    受付 13時00分~13時15分

 

2 高等部入学式      令和2年4月8日(水)午後14時15分 開式

                         午後14時35分 閉式

                    受付 13時45分~14時00分

 

3 参列される保護者の方は新入生1名につき1名とさせていただきます。

 (介助の必要があれば2名まで認めます。)

 

4 入学式参列にあたり、式典会場入口にアルコール消毒液を設置しますので、御活用ください。

  マスクの着用等、感染症予防対策について御協力をお願いいたします。

 

 担当 教頭 鎌田・間中

 電話 0480-35-2432

 

令和元年度修了式

 3月19日に令和元年度修了式が行われました。

 コロナウィルスに配慮し、教室で校内放送を聞き、修了証書は各教室で担任の先生から手渡されました。

 校長先生からは、4月の始業式でお話があった「心が行動を決め 行動が心を決める」ことを皆が実践し、成長する姿が多くみられたこと、その姿からたくさんの勇気をもらえたことや、『たいせつなこと』という絵本の話があり、これからも勇気と自信をもって挑戦し続けてほしいというお話がありました。

  

  

 

 最後に表彰がありました。

 【漢字検定】

   七級合格 島村櫂さん

   八級合格 眞藤元気さん

   十級合格 吉田優菜さん

 【第64回 全日本学生美術展覧会】

   特選 眞藤元気さん

 【埼玉県特別支援学校体育連盟】

   優秀選手賞 竹谷佐波さん

   優秀選手賞 嶋村知佳さん

   努力賞   加藤拓馬さん

 

 表彰された皆さんおめでとうございます。

 

 

 

 

小学部6G 授業の様子(図工)

小学部6Gでは、春に向けて「春の山」を共同制作しました。

 

山の部分は、12月に作ったクリスマスツリーをリメイクしました。段ボールに台紙を貼り、円錐状の模造紙に丸めた新聞紙をたくさん詰め込んで作りました。

 

山には、花やてんとう虫を作って飾りました。花は、ハサミで花びらを切り、花粉の部分をノリで貼って作りました。てんとう虫は折り紙で折りました。できたものを最後にみんなで貼り合わせて完成させました。

小学部5G リズム

 小5Gのリズムでは「音楽に合わせて体を動かしたり、楽器を鳴らしたりする。」「ふれあい遊びを通して友達や教員への意識を高め、やり取りする力を高める」などのねらいで、学習を重ねてきました。

 ツリーチャイムを使った呼名は、年間を通して取り組み、今では、みんな上手に手を動かして鳴らせるようになりました。自分の番が待ちきれないほど大好きな活動です。

 そして、「コンコンクシャン」の歌に合わせてペープサートの動物たちの登場。みんなペープサートの動きに集中し、最後の「クシャ~ン」で風が来るのを楽しみにしています。

 また、「かごめかごめ」のふれあい遊びでは、教員が子どもたちを回ってタッチするのをじーっと見て追いかけています。「後ろの正面だ~れ」でふわっとスカーフが顔にかけられると、不思議そうな顔。そして、スカーフを取ろうと手を何度も動かし、取れると満面の笑顔です。

 

小学部訪問 授業の様子

 「友だちと一緒に!」

 今年度の小学部の訪問は、5・6年生が11月に修学旅行に参加しました。事前学習から、参加する友だち同士でiPadでテレビ電話機能のあるzoomを使い、顔を見ながら一緒に授業を行いました。友だちと一緒に授業ができるということで、みんなはりきっていました。修学旅行で楽しみにしていることやお土産で買いたいものなどを発表し合い、楽しい時間を過ごすことができました。

 その後も、一緒にゲームをしたり、女子トークで盛り上がったりとZoomが、友だちとつなげてくれる大切な活動の一つになっています。

  

 

 「季節行事を楽しみました!」          

 【餅つき】餅つきをしました。杵を一緒に持って、「ペッタン!」餅がついてきて大笑いでした。よい年越しになりました。

  【豆まき】鬼のお面をかぶって、豆まきをしました。元気に一年が過ごせそうです!

      

 

 

中学部7G 災害備蓄用パンを使ったプレゼント作り

中7グループでは、災害についての学習を兼ねて、譲り受けた『埼玉県災害救助用缶入りパン』を使って、チョコレート菓子作りをしました。パンの上に「溶けたチョコをかける仕事」、「チョコペンで模様を描く仕事」、「チョコチップを振りかけて飾る仕事」など、仕事を分担して協力して作りました。メッセージを添えてラッピングし、日ごろお世話になっている先生達に手渡しに行きました。みんな、練習の成果を発揮して上手に渡せました。喜んで受け取ってもらうと、プレゼントしたみんなもニコニコ笑顔になりました。とてもいい学習ができました。

 協力して作ったチョコ菓子。おいしくできました。校長先生やお世話になっている先生にプレゼント。心を込めて渡せました。

高等部及び小学部・中学部卒業式における対応について

 埼玉県危機管理防災部より、令和2年2月27日付けで、新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、県主催イベントに係る対応方針が示されました。

本校の卒業式等の実施について以下のような対応となりますので御理解御協力をお願いいたします。

〇高等部卒業証書授与式    3月10日(金)

〇小学部中学部卒業証書授与式 3月17日(火)

【出席者について】

 ・来賓及び外部からの出席についてはとりやめます。

 ・児童生徒については、該当学部卒業生のみの出席とします。

 ・卒業生の保護者を含めて親族は2名のみの出席となります。

 なお、出席される方には、マスクの着用と手指の消毒への御協力をよろしくお願いいたします。

高等部訪問 2月の授業の様子

2月14日はバレンタインデー。お父さんと弟達にチョコレートケーキを作ってプレゼントしました。

いくつかの言葉から「♥LOVE♥」を選んでチョコペンで心を込めてメッセージを書きました。

バウムクーヘンにチョコレートを塗って、飾りをつけメッセージを書いて完成!家族みんなが喜んでくれました。

    

小学部3G 朝の会の取り組み

 朝の会では、後期から「あいさつ係」の活動を取り入れました。前期はどの授業でも先生が前に出て「はじめます」から始まり「おわります」で終わりにしていましたが、後期からは授業の始まりと終わりをさらに意識できるように、授業の号令を子どもたちが日替わりでかけるようにしました。手をたたく合図、声を出す合図、おじぎをする合図、ボタンを押す合図、子どもたちそれぞれの方法で号令をかけてくれます。係になって前にでるとみんなに注目されるので、少しドキドキしますが、自分の合図で授業が始まることに気づき嬉しそうな表情を浮かべます。待っている友だちも、いつ号令がかかるかワクワクしながら注目するようになってきました。自分の活動だけでなく、友だちの活動にも気持ちを向けるようになり、授業への参加の仕方もだんだんと広がっています。

※ VOCAを利用して、ボタンを押すことで、自分で先生や友だちとコミュニケーションをとることも目標にしています。自分から合図や意思を発することで、他者とのやりとりができることへの気づきや喜びを大切にしています。

 

中学部4G 授業の様子

 中学部4グループでは、素材の授業で「フォトデザイナーとモデルになろう」という授業を行いました。ipadを使用して友達同士で写真を撮り合いました。写真を撮られる側は少しお化粧もして、気分はトップモデルでした。

   

         

  

高等部4G 授業の様子 2月

2月14日はバレンタインデー!ということで、

高等部4グループでは、LHRの時間にチョコレート作りに取り組みました。

3つの班に分かれ、個々の課題に応じて調理器具を選択し、チョコシェイク、チョコチップス、フォンダンショコラを作りました。チョコシェイク班は、ミキサーのスイッチを押して材料を混ぜました。チョコチップス班は、ポテトチップスに溶かしたチョコを付ける作業に取り組みました。フォンダンショコラ班はチョコを湯煎したり、ボウルの中で材料を混ぜ合わせ、オーブンへセットしました。

みんなで協力して作ったチョコは、他グループの友達へ配り、交流も楽しみました。

    

 

新型コロナウイルス感染症について

 昨年12月以降、中華人民共和国湖北省武漢市を中心に新型コロナウイルスによる患者の発生が継続的に報告されています。

 県教育委員会からは、適宜、文部科学省通知等を受けた情報が配信されております。その中において、現時点では、「風邪やインフルエンザへの対策と同様に、咳エチケットや手洗い等、通常の感染対策を行うことが重要です」とあります。引き続き、校内における感染症対策を講じるとともに、必要に応じて学校医、県教育委員会等とも連携してまいります。

 埼玉県保健医療部 保健医療政策課のホームページアドレスを掲載しますので御確認ください。新型コロナウイルスに関する埼玉県や厚生労働省の情報が掲載されています。

※アドレス・・・・・https://www.pref.saitama.lg.jp/soshiki/a0701/index.html

 各御家庭におかれましても最新情報を適宜御確認いただくとともに、不確実な情報による不要な不安や混乱を防止し、正しい情報に基づき、適切な判断・行動をとるようお願いします。

令和元年 彩の国ふれあいボッチャ大会

12月14日(土)に、令和元年度ふれあいボッチャ大会が、上尾市の埼玉県立武道館で行われました。競技部門と交流部門に分かれて、本校からは3チームの計9名の生徒が参加してきました。練習を通して深めてきた絆をチームワークで、どのチームも作戦を立てたり、励まし合いながら、試合に取り組んできました。

 

      

 

 

 

令和元年 彩の国ふれあいピック秋季大会

10月27日(日)熊谷スポーツ文化公園でふれあいピック秋季大会が開催されました。本校からは、小学部から高等部の児童生徒まで7名の生徒が出場しました。初めての大会に参加をする生徒もいましたが、どの生徒も日頃の練習の成果を発揮して頑張っていました、秋季大会は、様々な競技に加えて、スポーツいろいろ体験ということで、自分の興味がある種目にもチャレンジして楽しむことができました。

 

小学部4G 感覚学習(おはなし)での取り組み

 

 小学部4グループでは、やりたい気持ちを表現することや友だちやキャラクターとのやりとりを楽しむことなどをねらいとして、”おはなし”の時間に「はらぺこあおむし」を題材にした活動に取り組んできました。絵本を読んだ後に特別ゲストとしてあおむし君が登場!みんなで果物を食べさせるとちょうちょに大変身!!自分から手を出して果物を口に入れたり、光るちょうちょを見上げて手を伸ばしたりと、様々な反応を見せてくれました。

小学部7G  授業の様子 1月

 

 2020年が始まり、お正月といえば書初め!図工の授業では「書初めをデザインする」を学習しました。まずは筆と墨を使って半紙に書くことに慣れ、自分の名前を書くことにも挑戦しました。授業公開の日には保護者の方々に自分の名前を書いてもらい、名前に込められた想いを聞きました。それらを参考にしながら、自分の名前や自分自身をイメージした作品づくりに取り組みました。

   

   

 自分の好きな色や形、好きなものや得意なことなどをあらわし、個性あふれる素敵な作品がそれぞれできあがりました。頑張ったところや難しかったところを含めて作品の発表も行いました。好奇心旺盛な自分、茶色が好きな自分、背が高い自分、優しい自分、ジャンプが得意な自分、丸が好きな自分。一人ひとりが“自分”をイメージし、次々と色や線を重ねていく姿はまるで芸術家のようでした。

   

 

受賞のお知らせです。

 この度、児童生徒の作品が【全日本学生美術展】【全国教育美術展】受賞致しました。受賞が難しい、厳しい審査がされる作品展でしたが、こんなにも多く受賞致しました。そのご報告を致します。

 

【第64回 全日本学生美術展の受賞者】

受賞者は以下の通りです。

≪ 佳作 ≫

  ・中学部3年 髙はし 裕希 さん

≪特選≫

  ・小学部5年 眞藤 元気 さん

 展示会は、2020年2月13日(木)~2月19日(水)の期間に「東京都美術館 2階第一展示室で行われます。入場料は一般300円、学生は100円です。

13日(木)~16日(日)・18日(火)は午前9時~午後5時半(入場は午後4時半まで)

17日(月)は休館日

19日(水)は入場午後2時まで午後3時閉会

 素敵な作品をたくさん見ることができます。是非、足を運んでみてください。

 

【全国教育美術展】

受賞者は以下の通りです。

【地区審査入賞】

 ≪ 佳作 ≫

   ・中学部1年 星杏奈 さん

   ・高等部1年 持田爽樹 さん

≪ 入選 ≫

  ・高等部1年 工藤絵莉奈 さん

  ・高等部1年 菊地美悠 さん

  ・高等部2年 嶋村知香 さん

  ・高等部2年 梅田悠人 さん

  ・高等部2年 遠藤生也 さん

  ・高等部2年 宮城遼大 さん

【全国審査入賞】

 ≪ 特選 ≫

   ・高等部1年 平田舞乃 さん

   ・高等部1年 似鳥智花 さん

   ・高等部2年 中村成吾 さん

  特選については、冊子 月刊『教育美術』の『全国教育美術展 入選発表号』に学校名と名前が掲載されました。

 NHK Eテレ全国放送 2020年2月23日(日)午後2時30分~午後3時 では、「子どもの絵の魅力」について伝えるため、同月刊雑誌に掲載の、全国の児童生徒の作品も紹介されます。

 また、2020年8月には、東京都美術館において、特選作品を展示した美術展が開催されます。素敵な作品をたくさん見ることができます。是非、足を運んでみてください。 

中学部5G 感覚学習(素材)の授業の様子です

 中5Gでは、泡の出る入浴剤を使って授業を行いました。お湯に溶けた入浴剤の香りに気付いて興味深そうに鼻を動かしたり、かき混ぜられて発生した泡を触って感触を楽しんだりと、みんなそれぞれの気持ちを表情や声、仕草に表しながら活動していました。最後に泡風呂に足を入れて肌も気持ちも潤いました。

高等部6G 授業風景

 高等部5グループの感覚学習では、曲に合わせて歩いたり、止まったり、バランスボールで弾んだりする「ストップ & ゴー」という取り組みを行っています。

 集団の中で曲を聞いたり、周りの雰囲気を感じながら学習に取り組んでいます。

 

中学部6G 感覚学習(リズム)の授業をご紹介します。

中学部6グループでは、感覚学習(リズム)の楽器遊びで太鼓に取り組んでいます。「げんき太鼓」という曲の楽しいリズムを合わせて太鼓を叩くことで、太鼓特有の音の響きやバチで叩いた振動を感じられるように活動しています。活動を通して、生徒ひとりひとりが打音の響きや振動、曲のリズムを身体で感じとったり、教員や友だちと一緒に演奏する楽しさを味わったりすることができました。

お祝い HPをリニューアルしました!

 本校のHPが1月29日(水)にリニューアルしました。

 新HPでは、閲覧者にとって「見やすい」ということを大切にレイアウトを考えてきました。

 これまでは、トップページのサイドにメニューを並べていましたが、上部にも項目を設けて、分類を整理しました。各学部の授業の様子などは、掲載にすぐ気づいてもらえるように、こちらの「学校ニュース」に載せていく予定です。

 また、これまでのHPでは、スマートフォンなどで閲覧すると、PC画面とは全く異なる「モバイル表示」という画面形式になってしまいましたが、新HPではPCに近い画面(レスポンシブル表示)で見ることができます。

 これからは、こちらのHPで学校の取り組みを随時発信していきますので、是非ご期待・ご注目ください。

※旧HP「宮代日記」に記載していた児童生徒の授業の様子などは、トップページのサイドにある「これまでの教育活動(令和2年1月まで)」から見ることができます。

 トップページにある『宮代』の文字画像は、こころ Moji アーティストの浦上秀樹さん が ~つながるみらい ~という 、児童生徒、保護者 、教職員 の想いを込めて制作してくださったものです。

わかば祭を終えて


 10月25日、26日にわかば祭がおこなわれました。
令和最初のわかば祭は、『れっつgo‼ いっぱいたのしむ♡ わかば祭』のスローガンのように、みんなが楽しみ、大いに盛り上がりました。二日目の一般公開では、児童生徒一人一人の頑張りを多くの方に見守っていただき、応援してもらい、いつもの学習の成果を充分に発揮することができました。

各学部の学習発表や作品販売などの様子をご覧ください。

〈小学部〉小学校では、「きょだいな きょだいな」「16ぴきのねこ」「トイストーリーM」「めっきらもっきらどおんどん」の学習発表をしました。緊張しながらも、頑張りました。





〈小学部&中学部〉「宮代水族館」では、しおりやビーズアクセサリーの販売があり、とても賑わっていました。















〈中学部〉中学部では、手作り品の販売、ダンス・手話の発表、「~宮代西遊記~」「小さな海の物語」「力を合わせて冒険に行こう!」「ちむどんどん」の学習発表がありました。学習の成果を発揮することができました。



〈高等部〉高等部では、カフェや手作り品の販売、「めざせ!ショーキャスト」の発表をしました。堂々とした発表と丁寧な接客で、盛り上がっていました。

わかば祭に向けて


10月になり、わかば祭に向けて校内の雰囲気も、わかば祭モードへと移り変わってきています。学習発表の練習や販売準備などにも、ますます力が入っています。各学部や学年での活動の様子をご覧ください。また、当日の頑張りにも乞うご期待ください。
〈小学部〉



〈中学部〉


〈高等部〉

後期始業式を行いました

 10月1日に後期始業式を行いました。

 校長先生の話では、ラグビー日本代表は「勝つと思って努力をし続けた」とアイルランド戦後のインタビューを引用し、ただ努力をするのではなく、『自分を信じて努力する』ことをがんばって欲しいというお話がありました。

 次に、各学部の代表者が後期にがんばることの発表をしました。
 小学部低学年の代表は、「わかば祭がんばります」と校長先生のピアノ演奏で太鼓をたたき、高学年の代表は歩くことややさしく人とかかわることをがんばりたいと発表しました。
 中学部の代表は、高等部入試、英検、漢検の勉強を前期から少しずつやっているので、後期もペースを崩さずにがんばりたいという発表や、歩くことやたくさんの人と挨拶をしたいと発表しました。
 高等部の代表は、わかば祭で販売するクリアファイル作りをがんばりたいと発表しました。

 自分の力を信じて努力をし、修了式にがんばったこととして胸を張れるといいですね。

 

前期終業式を行いました

9月26日に前期終業式を行いました。

最初に校長先生から、前期は一人ひとりが目標に向かって頑張った姿が多く見られたというお話がありました。

次に各学部の代表者が頑張ったこと発表をしました。
小学部は頑張ったダンスや、踏切の模型を使って安全に踏切を渡ることができたことを発表しました。
中学部は、スライドを使って初めての委員会活動についてなどを発表しました。
高等部は、テレワークを使った現場実習の様子を発表しました。

最後にたくさんの受賞の報告と表彰が行われました。
「県民総合スポーツ大会兼特別支援学校陸上競技大会」
 ・100m女子立位
    第1位 大竹咲綺さん、第3位 吉田優菜さん
 ・フライイングディスク女子座位
   第1位 竹谷紗波さん
 ・ビーンバック女子
   第1位 嶋村知香さん
「ローリングバレーボール交流大会」
  MVP賞  畑 夏生さん

表彰された皆さんおめでとうございます。


 

防災・防犯に関する本校の取り組み


防災・防犯に関する本校の取り組みについてご紹介します。

 5月に避難訓練、夏休みに教職員の防災研修および防犯研修を行いました。避難訓練では、消防隊員の方から「煙に背を向けて逃げること」など、逃げる際の注意点を教えてもらいました。その後、校庭で消火訓練を体験した児童生徒もいました。


 

 教職員の防災研修では、避難所運営ゲーム「HUG」を用いて、震災を想定した避難所運営について考えました。実際に本校が避難所として開設した時のことを考え、必要な備え等について意見交換を行いました。 

 防犯研修では、昨年に引き続き、埼玉県杉戸警察署の方々にご指導いただきながら、不審者対応訓練を実施しました。校内に設置されている通報システムや杖、サスマタを用いての実践的な訓練に、全教職員が参加しました。

 安全・安心な教育環境の整備に向けての意識を高めることができた研修でした。

  
       【5月避難訓練の様子】                【教職員防災研修の様子】


     【教職員防犯研修の様子】

第31回わかば祭にむけて

第31回 わかば祭開催について


10月25日(金)・26日(土)に第31回わかば祭が開催されます。
(26日は一般公開いたします)

今年度のスローガンは、
っつgo!! っぱいたのしむ♡ かば祭』
に決定いたしました。
 わかば祭を盛り上げるため、児童生徒わかば実施委員が集まり、スローガンを考えるなど準備を進めています。各グループでも発表にむけて準備が始まり、当日来校された方々に楽しんでいただけるよう、一生懸命取り組んでいます。
 令和最初のわかば祭、楽しみにしていてください。

【一般公開について】
日時 :令和元年10月26日(土)10:00~14:10
内容 :学習発表、作品展示、バザーなど
会場 :県立宮代特別支援学校 〈駐車場 有り〉
    南埼玉郡宮代町金原636-1
問合せ:県立宮代特別支援学校 
      tel:0480-35-2432(嶋津)
対象 :どなたでも(申し込み不要)
※インフルエンザや感染症が流行した場合、公開できないこともあります。

第1回授業公開


6月15日(土)に第1回授業公開が行われました。

いつもと変わらない授業でしたが、参観者に見守られ、うれしさや恥ずかしさが入り混じった不思議な時間を過ごしました。
そんな中でも成長した姿を見せたいと、いつも以上に一生懸命授業に取り組みました。

《小学部》


《中学部》


《高等部》

離任式がありました

4月26日(金)に離任式が行われました。          

3月の修了式から1ヶ月あまりでしたが、久しぶりにお会いする先生方がとても懐かしく感じられました。
お別れをするのが少し淋しくなりました。。
離任式後には学部ごとにお別れ会を行いました。先生方との最後の時間を楽しみ、進級し、成長した姿を見ていただくことができました。
                                                                                                                                                                     
                                                                                                   

前期始業式

4月8日(月)に平成31年度前期始業式を行いました。

1つ学年が上がり、新たな気持ちで始業式に臨むことができました。

校長先生からは「心が行動を決める 行動は心を変える」ことについて素晴ら
しい話がありました。

1年間元気に一生懸命頑張っていこうと気持ちを引き締めることができました。


修了式がありました

3月25日(月)に修了式を行いました。

初めに修了証の授与が行われました。小学部、中学部、高等部それぞれ学年代表の児童生徒が前に出て校長先生から修了証を受け取りました。
次に校長先生からは、みんなが1年間色々なことに挑戦したくさん頑張り、その成果が色々と見られてきて素晴らしいという話がありました。
その後は各学部代表が出てきて後期頑張ってきたこと発表を行いました。ウォーカー歩行をしたり、スラロームを行ったりと全校児童生徒の前で頑張って発表することができました。

最後にたくさんの受賞の報告と表彰が行われました。
「漢字検定」 島村櫂さん
       眞藤元気さん
       池戸優翔さん
       髙橋裕希さん
「英語検定」 髙橋裕希さん
「夢ネット子どもギャラリー」
・自分を型どったぼくとわたしにそっくりのアバター
    工藤絵里奈さん、都築翔子さん、折原茉奈さん、髙野真さん、山下凱さん
・生命の樹
    竹谷紗波さん
「バスケットボール大会」
・ツイン外第3位
    大竹咲綺さん
「ローリングバレーボール大会」
・優秀選手賞 宮代特別支援学校ローリングバレーボール大会
    木藤悠也さん、サムソン・レイアンさん、嶋村知香さん、中村成吾さん
・優秀選手賞
    嶋村知香さん

表彰された皆さんおめでとうございます!

   

創立三十周年記念行事

 

12月14日(金)、創立三十周年記念行事が行われました。

前半の記念式典では、校長式辞、来賓の方々からのご挨拶、生徒会長挨拶、記念作品の紹介などがありました。
後半のアトラクションでは、「パーカッション・パフォーマンス・プレイヤーズ」の打楽器の演奏を鑑賞しました。楽しいパフォーマンスにみんな大喜びでした。

創立三十周年記念行事特集号を発行しましたのでご覧ください。 創立三十周年記念特集号.pdf


記念式典に先立ちまして、12月13日(木)に、「創立三十周年記念品贈呈式」が、本校校長室にて行われました。この日は、埼玉新聞、宮代町広報担当、J:COMの取材もありました。
J:COMテレビでは、13日に3回放送がありました。
宮代町広報担当の取材は、宮代町ホームページに掲載されています。
埼玉新聞は、16日(日)に掲載されましたので、新聞記事を載せます。ご覧ください。創立三十周年記念品贈呈式.pdf

全校集会を行いました。


12月25日(月)に全校集会を行いました。

初めに校長先生からは、みんなが色々なことに挑戦し頑張ってきたことが素晴らしいという話がありました。

またたくさんの受賞の報告が行われました。
10月に福井で行われた「第18回全国障がい者スポーツ大会」では、高等部の根岸幹央さんがジャベリックスローで3位に入り銅メダルを受賞しました。
「第58回全日本特別支援教育研究連盟、全国体会埼玉大会」のロゴマークに高等部のサムソン・レイアンさんの作品が採用されました。
「第37回肢体不自由児者の美術展・デジタル写真展」では、中学部の小谷中未来さんが絵画の部にて文部科学大臣奨励賞を受賞し、高等部の中村成吾さんがデジタル写真の部にて入賞しました。
毎日新聞社・国際医療福祉大学主催の「第9回『共に生きる社会』を目指して高校生作文コンテスト」では、高等部の須藤優斗さんが優秀賞を受賞し、その作文の発表と表彰が行われました。
みなさんおめでとうございます!

   

わかば祭を終えて

              

わかば祭を終えて



 10月26日、27日に行われました『第30回 わかば祭 ~平成ラストの熱い秋 ハンパないってわかば祭』は、スローガンに掲げたように熱く盛り上がる文化祭となりました。また27日の一般公開日は、約400人の方にご来場いただきました。
 ひとりひとりの児童・生徒が日頃の学習の成果を発揮し、友だちと力を合わせて今年もわかば祭を成功させました。

 各学部の学習発表や作品販売などの様子をご覧ください。

 《小学部 低学年ブロック》
   

  《小学部 高学年ブロック》
    
 
 《中学部》
 
 

 

 《高等部》
  

 
 



 

わかば祭に向けて


           わかば祭に向けて

 わかば祭まで残り一週間となり、校内の雰囲気も一段と活気に満ちてきました。。
学習発表の練習や販売準備などにも、ますます力が入っています。各学部や学年での活動の様子をご覧ください。


      《小学部》
   
     
      《中学部》
  
    
   《高等部》
   
          

後期始業式を行いました。

 

10月1日(月)に後期始業式を行いました。

  後期でがんばることの発表のあとに、ひまわりのせいくらべコンテストでの児童生徒の表彰が
ありました。中学部の児童たちが行い、3mの記録を出して入賞することができました。また、
発表の時は3mの高さがイメージできるように紙で使ったひまわりを用意して行いました。入賞
おめでとうございます!

その後に学校代表で100m走とジャベリックスローで国体に出場する高等部の根岸さんの壮行
会を行いました。
全校児童生徒みんなで拍手や声援を送りながら応援しました。国体でもがん
ばってください!

 

前期終業式を行いました。


9月26日(水)に前期終業式を行いました。

始めに校長先生より「挑戦」することについてのお話がありました。引き続いて、各学部代表による
「前期のがんばったこと発表」を行いました。
みんなが見ているといういつもとは違う雰囲気の中でも、児童生徒それぞれ自分の前期がんばったこ
とを堂々と発表していました。
たくさんの拍手をもらって、とっても嬉しそうな様子でした。
 

第30回わかば祭にむけて

         第30回わかば祭にむけて

10月26日(金)・27日(土)に第30回わかば祭が開催されます。
(27日は一般公開いたします)

今年度のスローガンは、
平成ラストの熱い秋 ハンパないってわかば祭に決定しました。

平成最後のわかば祭を盛り上げるため、今年の児童生徒わかば祭実施委員は、昨年度の
2倍の人数が集まりました。夏休み明けから、みんなで協力して、ダンス練習やセレモ
ニーの準備を始めました。
各グループでも、学習発表や販売の準備・練習を進めています。

来ていただいた全ての方に、普段の学習の成果を発表し、楽しんでいただけるよう、一
生懸命取り組んでいます。

児童生徒たちの笑顔・活気、そしてアイデアあふれるわかば祭を楽しみにしていてくだ
さい。



 
                               スローガン発表の様子                  ダンス練習の様子

 

 

高等部運動集会が開催されました

 

5月18日(金)に、高等部運動集会が開催されました。
天候にも恵まれ、日々の学習の成果を充分に発揮することができました。

 4・5Gの生徒による個人種目Aは、キャスター運動と球技に取り組み、得意な姿勢や動きを活かしてそれぞれの力を発揮しました。
 
1・2・3Gによる個人種目Bは、短距離走を行いました。車いすや独歩、ウォーカーなどで参加し、最後まで走り抜けました。
 
全体種目の大玉ころがしでは保護者の方々にも参加していただき、生徒と協力して大玉をゴールへと運びました。
 最終種目の紅白対抗リレーでは、代表選手たちが一生懸命バトンをつなぎました。


当日は多くの方々にご参観いただきありがとうございました。

 

 

 



  
      個人種目A(球技)         大玉ころがし(紅組)保護者の方々と

全校顔合わせ集会を行いました


 
 5月1日に全校顔合わせ集会を行い、新しい友だちを歓迎しました。

 

 

 


 今年度から新たに本校の児童生徒となったのは、小学部新入生12人と転入生1名、中学部転入生1名、そして高等部新入生3人の、計17人です。

 

 

 

司会進行は高等部生徒会役員が務めました。

 

 

 


 まずは、新転入がステージに並び、自己紹介をしました。特技や好きなものを披露したり、大きなプラカードを用意したり、それぞれが個性的に自己アピールをしました。緊張の余り声が出なくなった人もいましたが、懸命に自分を励まして立派に挨拶することができ、会場中が感動に包まれました。

 

 

 

 続いて、本校のマスコットキャラクター「とんがりくん」が登場し、新転入生と触れ合いました。また、全校が「ダンシング・ヒーロー」の曲に乗って楽しみました。

 

 

 

 
 最後に、在校生が花道を作り、新転入生と触合いながら見送りました。ちょっぴりはにかみながら花道を進む新1年生を、在校生たちが優しく見守っていました。
 

 

 

 

高等部生徒会の皆さん、とんがりくん、お役目を果たしていただきありがとうございました。誰もが、思わずにっこり笑顔を見せる、そんな温かい会になりました。新転入生のみなさん、ずっと仲良くしましょうね!


始業式・入学式を行いました

  4月9日(月)に平成30年度前期始業式を行いました。久々に出会う子どもたちは、今年度やりたいことやがんばることを心に秘めた表情で参加していました。

 


  その後引き続き、宮代町の教育長をはじめ多くの方々のご臨席をいただき、入学式を行いました。少し緊張気味に在校生の間を入場する小・中・高等部の1年生が、ピアノの生演奏と大きな拍手で迎えられると、嬉しそうな表情で在校生と握手をしたり歓声を上げたりして、温かい雰囲気の入学式になりました。

 


  そして一人ひとり呼名された際、校長先生に言葉をかけられると、元気に返事をしたり、にっこり微笑んだりして、これから始まる宮代特別支援学校での学校生活を早くも楽しみにしている様子が感じられました。

 


  入学生をはじめ在校生の皆さんの今年度の活躍を、教員一同大いに応援していきます!!

小・中学部卒業式が行われました

 3月16日()に小・中学部卒業式が行われました。

 

 

 

 入場では少し緊張気味な表情をしている卒業生もいましたが、証書授与の頃にはこれまでの
練習の成果を発揮し、みんなしっかりと校長先生から卒業証書を受け取ることができました。

 

 

 


 また、証書授与の時のナレーションを聴いて涙を流す保護者や担任の姿も見られ、厳かな中
にもとても心温まる式典になりました。

 

 

 


 4月から小学部の児童は中学部に、中学部の生徒は高等部に進学します。新たな学部でさら
なる成長と活躍を願っています。教員一同精一杯応援します。

 

 

 


 卒業おめでとうございます。


 

 

 

 

 

 

 

高等部卒業式が行われました

 

 3月12日(月)高等部の卒業式が行われました。


 当日は天気にも恵まれ、卒業生たちは保護者の方と一緒に華やかな衣装を着て笑顔で登校していました。卒業式練習では緊張している姿が見られましたが、卒業式では今までの練習の成果を発揮できました。

 

 
 高等部の皆さんは12年間の学校生活を終え、これからそれぞれの道に進んでいきます。学校で学んだことや友だちと一緒に過ごした思い出を支えにして、頑張ってほしいと思います。

 

 卒業生の皆さんがそれぞれに素敵な一歩を踏み出せるよう、教員一同心から応援しています。

 

卒業式写真1

ターミナルに『迎春』を掲示しています

 


  
ターミナル(スクールバスの発着場)に『迎春』を掲示しています。

 

 

 

 「話し合い活動を通して大きな作品を作り上げよう」をテーマに設定し、国語の授業の一
環として書初めを行いました。話し合いで決定した『迎春』の2文字を5
人の生徒が書き上げ
ます。

 

 

 


 大きな紙に書くにあたり、ハンディモップを縫い合わせ、ほうきの柄と合わせたものを筆
として使いました。墨をたっぷり含ませてじっくりと慎重に線を引く生徒、柄を力いっぱい
握り締め勢いよく筆を運ぶ生徒、一画一画に生徒一人ひとりの個性が溢れています。

 

 


 作品を一枚書き終えると、作品の周りに集まったり離れた場所から全体のバランスを確認
したりしました。「“はらい”が力強くていいね」「窮屈になってしまったから、次は一画
目をもっと上から書こうか」などと活発に意見が交わされ、230×90センチのダイナミッ
クな作品が完成しました。

 

 

 


 完成した作品は、全児童生徒、教員が集まるターミナルに掲示しました。作品を多くの
方に見ていただき、感想を伝えていただいた経験が、生徒の自信や達成感につながればと思
います。

 
 本校にお越しの際は、是非ターミナルに掲示した生徒たちの力作を御覧ください。  
    



芸術鑑賞会が行われました

 1月18日(木)に、芸術鑑賞会が行われました。今年は、「パーカッション・パフォーマンス・プレイヤーズ(PPP)」というグループの皆さんが来てくれました。PPPは、打楽器だけを使って音楽を演奏するプロの方々です。
 
 ドラムやシンバルの迫力ある音やパフォーマンスに、冒頭から大盛り上がりの子どもたち。体験コーナーでは、8名の児童生徒がドレミパイプというめずらしい楽器を演奏させてもらいました。そのほか、PPPvs児童生徒のリズム対決や運動会メドレーなど、アンコールまで全員で一緒に楽しむことができました。


 「宮代特別支援学校の子ども達は、とってもノリがいいですね!」と、PPPのみなさんも喜んでいました。