宮代特別支援学校

学校ニュース

高等部8G 美術 「ルームフレグランスを作ろう」

美術では、暑い夏にピッタリな”冷たい寒天”を使って「ルームフレグランス作り」に取り組んでいます。

大きな寒天の中に手や脚を入れるなど、身体の色々な部位を使って感触を味わいました。

冷たさに驚いたり、「なんだろう?」と考えて見たり…様々な表情を見せてくれました。

授業を重ねると、自分で手を動かして触れる生徒や、教員と一緒に寒天を潰して笑顔になる生徒など、

それぞれ楽しさを見つけはじめました。

崩した寒天に、お気に入りのアロマオイルを入れてオリジナルルームフレグランスの完成です!

    

        

小学部訪問 授業の様子 【ずこうの授業】【おんがくの授業】

2年生の男子です。いろいろなものに触れ、感触を味わい楽しんでいます。

お花がみをくしゃくしゃ丸めて手の平で感じ、ビニール袋に入れました。

温かい柔らかい感触にふじぎそうな表情。最後はかわいいかたつむりになりました。

 

 

1年生で段々と学校、授業の事がわかってきました。

初めての事も多く、楽しそうな笑顔やこれは嫌だというような表情をしながら取り組んでいます。

Tシャツに手型付けや、雨の絵を描きました。

 

 

1年生のお友達です。絵本や音楽が好きです。

図画工作では、6月の季節にぴったりの「あじさい」と「かたつむり」を制作しました。

お花紙とカラーセロハンの色や感触を感じながら、1つずつぐしゃぐしゃと丸めて作成しました。

 

 

1年生の音楽です。

6月は「かえるの歌」ではゲロゲロゲロでカスタネットを一緒に持って演奏しました。

また、大きな太鼓と小さな太鼓では、太鼓の振動にびっくりして泣くこともありましたが、

小さな太鼓になるとほっとした表情を見ることができました。

 

 

1年生の音楽です。

カエルの歌では、カスタネットを一緒に持って演奏することができました。

カスタネットを叩いてる振動でカスタネットに目を向けたり、大きな太鼓と小さな太鼓では、

自分の叩く番になると太鼓の振動や音に目を向け一緒に叩くことができました。

 

小5G【あそびの授業】

 あそびの授業では、子どもたちの物への興味関心を広げることや、大人や物を介して友だちと一緒に活動するなどをねらいに、日々大人とのかかわりを中心に様々な活動を行っています。

 「黒ひげ危機一髪」では、おもちゃを介して大人と一緒にボタンを押したり、ボタンを押すと音が鳴ることに気が付いたりと、活動を積み重ねることで自分からボタンに触れようとする様子も見られました。※1

 「シーツブランコ」では揺れの感覚を楽しんだり、「やりたい人?」の問いかけに応えて期待感を持ったりすることができました。※2

また、天気が良い日にはみんなで校庭にお散歩し、草木の匂いを感じたり、鳥の鳴き声などを聴いたりと五感で自然を感じました。※3

時には、チェロの演奏を聴いた後に実際に触れてみる活動も行いました。※4

  

※1「黒ひげ危機一髪」                ※2「シーツブランコ」  

 

※3「お散歩」

 ※4「チェロに触れてみる」

中学部3G 美術

中学部3Gでは、美術の時間に「夏を描こう」ということで「うちわ作り」に取り組みました。

 かき氷のシロップを使い、匂い・色などから自分のお気に入りの色を3つほど選びました。匂いを嗅ぐと不思議な表情や笑顔が見られる場面もありました。

色を選ぶことが出来た後は、スポイトを使って水を張ったトレーの上に選んだ様々な色合いのシロップを落とし、うちわをトレーに浸すと、鮮やかな模様をつけることが出来ました。

生徒たちは最後まで、一つ一つ丁寧に作業に取り組み、とてもキレイなうちわが出来ました。

 

小3G 国語科学習at宮代町立図書館

6月24日(金)に宮代町立図書館に行ってきました。国語で「図書館の本の分け方・ならべ方」を学ぶため、実際に町の図書館を見学しに行き、説明を聞いてきました。他にも一般の方は入れないエレベーターに乗って2階3階の書庫を見せていただき、ボタンで動く本棚を体験してきました。宮代町立図書館は全部でおよそ2万6700冊あると聞いて驚きましたね!絵本を2冊読み聞かせしていただき、特に「わにわに」の絵本が楽しかったようです。土日限定の謎解きゲームも先生と一緒にがんばりました。むずかしかったね!暑い中案内してくださいました宮代町立図書館の皆様、ありがとうございました。