宮代特別支援学校

わかば祭 作品展示の様子(中学部)

わかば祭 中学部の作品展示の様子です。

 

〇中1G (高1G合同)

総合的な学習の時間において「宮代町の調べ学習」に取り組みました。歴史や観光資源など、調べるほどに新たな発見が盛り沢山!わかば祭では、番組形式でそれぞれ調べた宮代町の特色をご紹介します!

 

〇中2G

作業学習で作ったきゅうりの漬物、バッグ、キーホルダーの作り方を紹介しています。ポイントや注意点、難しかったところなども紹介しています。身近な材料で作れますので、ぜひ参考にしてみなさんも作ってみてください。

 

〇中3G

美術で「好きな色」を選び紙折りをしました。粘土を使って『土鈴』を作りました。生き物をテーマにそれぞれ好きな生き物のぬいぐるみや画像を見ながら作りました。作業学習で作ったバッグやキーホルダーも展示しています。

 

 〇中4G

青・赤・黄・緑の4色から自分で色選びをし、色々な道具を繰り返し活用することで上手に自分の表現したい作品に仕上げることができました。「素敵なハンカチ作り」では、国語・数学でも勉強した形の「まる」「さんかく」「しかく」のスタンプを上手にしっかりと押し完成させています。また、砂や貝殻など、普段あまり触れることのない素材や道具を使用しました。まずは、好きな色の「色砂作り」に挑戦し、「砂絵作り」、色砂を使用した「ボトルアート」2種類を自分なりに楽しみながら、作品を仕上げました。

 

〇中5G

シーグラスや海の砂、ジェルメディウム、スクレーパーなど、普段あまり触れることのない素材や道具を使っています。色や形の変化、不思議さに気づくことや、自分の活動が作品になることの喜びを感じることをねらいにして制作に取り組みました。素材の手触りや模様の面白さに気付くことができたり、新しい道具の使い方を工夫したりして、それぞれの楽しみ方で取り組み、素敵な作品に仕上がりました。

 

〇中6G

ポーリングアートでは、色(香)選択や色が混ざる様子に注目することを狙って取り組みました。色の変化に気付いたり、流れる色に視線を向けたりすることができました。共同制作ではダイナミックに色が混ざる様子に視線はくぎ付けでした。野菜スタンプは、野菜の名称を学習してから香や感触を確かめました。好きな野菜と色で紙や布にスタンプしました。秋を感じようでは、金木犀の香を確かめ沢山の花びらに触れましたました。