宮代特別支援学校

小学部7グループたいいく『すもう』

小学部高学年では課題別グループに分かれて、たいいくを行っています。

感染状況や行事の関係などで課題別グループに分かれることが難しい場合は、指導グループでたいいくに取り組んでいます。

夏休み明けからのグループたいいくの日は、小7Gのみんなで『すもう』を行っています。

共通課題は、立った姿勢で押す、身体を動かす中で友だちを意識することです。

 

取り組みたい相手を選びます。    取組前のにらみ合い。

  

長下肢装具や立位台、短下肢装具などそれぞれの方法で土俵入りして「はっけよい、のこった!」

両者の間にあるタックルマットを倒した方に勝ち星がつきます。

いちばん多く勝ち星をとった人にメダルの授与。

みんなの押す力が段々強くなってきました。