公開講座

8月19日(月)特別支援教育研修会を行いました

8月19日(月)に、日本工業大学にて特別支援教育研修会を開催しました。講師として、昨年度に引き続き東京都立矢口特別支援学校 主任教諭 川上 康則先生をお招きし、講演をしていただきました。
 今年度のテーマは、「発達のつまずきが気になる「あの子」の輝かせ方」でした。講義中は、川上先生の話を聞くだけではなく、ペアトーク活動や近くの人たちとフリートークを行ったり、手を振り払われないつなぎかた等の体験活動を行ったりと、とても和やかな雰囲気で講演を終えることができました。
 参加された皆様から、「尖った不穏な風を吹かせすぎないようにし、気持ちのよい風を吹かせられるよう、心に余裕をもって子どもに向き合っていきたいと思います。また、信頼関係の大切さを改めて感じました。うまくいかないと焦ってしまいますが、焦った気持ちのまま子どもと接しては状況は変わらないということがよく分かりました。まずは、その子をを理解し、適切な言葉かけやかかわり方をしていけるよう、先生方と連携をとりながら取り組んでいきたいと思います。参加感・達成感のある授業作りができるよう頑張りたいです」等、沢山の御意見・御感想をいただきまして、ありがとうございました。

 研修会当日は空調の不調により、会場を変更させていただきました。参加された皆様には御迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありませんでした。
 

  <大盛況の研修会となりました>       <川上先生の著書等を展示しました>
  

    <解説していただきながら、体験活動を行いました。>