公開講座

特別支援教育研修会を開催しました

 8月1日(水)日本工業大学 4号館において「平成30年度 宮代町教育委員会・宮代特別支援学校共催特別支援教育研修会」を開催しました。                  

  講師として、東京都立矢口特別支援学校 主任教諭 川上康則先生をお招きし、『発達につまずきがある子どもも輝く授業と学級づくり』というテーマのもと、講演をしていただきました。周囲の方々と相談したり、実際に体験活動を行ったりと、大変貴重な時間を過ごすことができました。参加された皆様から、「時間があっという間の講義でした。私たちは「授業」「学級経営」が大切なのだと思いました。つまずきはその子がつまずくのではなく、私達がつまずかせているのだと強く感じました。」「今回の講義で、子どもの立場になって当事者目線でたくさん考えることができました。いつも子どもの気持ちを考えよう、理解してくれる人になりたいと思っていても、なかなかできていないなと実感しました。子どもを叱る前に、この子は何を求めているのかを考え、自分の守備範囲を広げたいなと思いました。今回学んだことを、日々の中で実践していきたいと思います。とても分かりやすい講義で、非常に参考になりました」といった、たくさんの御意見・御感想をいただきました。

 とても暑いなか、多くの方々に参加していただきまして、ありがとうございました。

<講義室の上から見た風景です>         <具体的な事例と共に講話していただきました>