公開講座

8月1日(木)夏季公開講座Ⅰを行いました

 8月1日(木)に、夏季公開講座Ⅰ(本校 視聴覚室 )を開催しました。講義1では、「障害者手帳の種類や意味、進路(進学、就労等)」をテーマに、本校 進路指導主事である堀先生より、障害のある子ども達の進路選択や障害者手帳をもつメリット等について講話をいただきました。講義2では、「肢体不自由児の教育的支援」をテーマに、本校 特別支援教育コーディネーターである川上先生より、学校生活で考えられ日常生活の支援や、通常の学校における自立活動等について講話をいただきました。
  今回は講義1、2を受講した後に、参加者の皆さまが日頃困っていることについて話し合い、お互いにアドバイスを送りあえるような、情報交流の時間を新たに設けました。
 参加者の皆さまから、「
就職できても合わなかったり、うまくいかなかったりで離職してしまう現実を知りおどろきました。小学校のうちから、自分で決めるクセをつけたり、好きなものをとことんつきつめたりして、将来のことも視野に入れ、指導をしていきたいと思いました。」「自立活動、他の教科と関連して指導をすすめるということ、なるほど、と思いました。全ての教科が自立につながっているのですね。小さな「できた」を自信につなげていくことが大切だと分かりました。見守りながら、少しずつできることを増やしていきたいと思います。」等、たくさんの御意見、御感想をいただきました。
 暑い中、たくさんの方々に御参加いただきまして、ありがとうございました。

     <講義1の様子>               <講義2の様子>
              

   <情報交流の様子>