宮代特別支援学校

2022年6月の記事一覧

小3G 国語科学習at宮代町立図書館

6月24日(金)に宮代町立図書館に行ってきました。国語で「図書館の本の分け方・ならべ方」を学ぶため、実際に町の図書館を見学しに行き、説明を聞いてきました。他にも一般の方は入れないエレベーターに乗って2階3階の書庫を見せていただき、ボタンで動く本棚を体験してきました。宮代町立図書館は全部でおよそ2万6700冊あると聞いて驚きましたね!絵本を2冊読み聞かせしていただき、特に「わにわに」の絵本が楽しかったようです。土日限定の謎解きゲームも先生と一緒にがんばりました。むずかしかったね!暑い中案内してくださいました宮代町立図書館の皆様、ありがとうございました。

高等部7G 授業の様子(国語・数学)

6月17日(金)に行った国語・数学の様子をお届けします。

パネルシアターを見ながら、七夕のお話を聞きました。そして、今回は、天の川を通って星を取ってくる活動を行いました。

天の川の感触に興味をもったり、どの色の星がよいかを選んだりして、活動を楽しむことができました!!

中1グループ 社会体験学atさいたま水族館

6月17日(金)、さいたま水族館に社会体験学習に行ってきました。

今回の学習では、さいたま水族館が実施しているCSR(Corporation Social Responsibility)活動の一環として「公園の美化」と「コイの餌づくり」、「展示している魚への餌やり」にボランティアで参加してきました。

2班に分かれて活動を行い、全員が真剣に活動に取り組むことができました。

最後はさいたま水族館からのお礼として、館内を見学させていただきました。

この活動が、自分たちにできる社会参加の方法や働くことのやりがいなどを考える機会になればと思います。

全職員で取り組んでいます!

今年度第1回外部支援情報交換会を実施しました

6月13日(月)放課後、毎年3回実施している外部支援情報交換会の初回を実施しました。この会は、特別支援学校の役割である特別支援教育のセンター的機能を全職員で発揮するための資質向上を目的の一つとしています。

今回は、日頃、肢体に不自由さのある児童生徒の力や思いを引き出したり、伸長したりするために活用している教材教具や環境の工夫をプレゼンし合う会でした。

 

 

 

 

 

本校の児童生徒も、地域で学ぶ肢体不自由のある子どもたちも、さらに生き生きとした学校生活をおくれるよう、この会で作成した「教材教具紹介シート」を広く閲覧できるように整備し、みなさんに活用いただく計画です。        

 教材教具紹介シート

中学部2年 校外集団学習(ボウリング)

 

 6月9日(木)に中学部2年生の校外集団学習を実施しました。バスに乗りビッグボウル杉戸に行ってきました。行きのバスの中はみんなドキドキ・ワクワクでとても賑やかでした。

 ボウリング場に到着したら靴とボールを選びスタート!エンジョイレーン、ワクワクレーン、ドキドキレーンの3つにチームに分かれてプレーしました。事前学習で勉強したルールやマナーを思い出しながら、一球入魂でプレーしました。高得点を狙い集中する姿、悔しがる姿、仲間を応援する姿、仲間の良いプレーに拍手を送る姿など様々な姿を見ることができました。全力プレーで疲れたのか、帰りのバスはとても静かでした。

 学校に帰ったら、給食を食べて事後学習。得点、成績、順位を発表し、スライドショーで活動の振り返りをしました。2年生全員で素敵な思い出をつくることができました。